メイン

2016年05月23日

メンタルヘルス法案によって

こんにちは(^0^)//

労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」が、平成27年12月1日に施行されました。

その概要は・・・
ステップ1
労働者の心理的な負担の程度を把握するための、医師または保健師による検査(ストレスチェック)を受ける機会を希望する労働者に提供すること。
ステップ2
事業者は、(高ストレス群と判断した者)検査結果を通知された労働者の希望に応じて医師による面接指導を実施すること。
ステップ3
その結果、医師の意見を聴いた上で、必要な場合には、作業の転換、労働時間の短縮その他の適切な就業上の措置を講じること。

となっています。


ストレスチェックの結果が高ストレス群となった場合、ステップ2で希望に応じて医師による面談指導、ステップ3で会社へのアドバイスを行うお仕事を、『従業員約300名の福岡市内の医療法人様』と契約を結びました。

2016年04月30日

厚生労働省共済組合福岡労働局支部のメンタルヘルス相談事業

2016年度もやります!!

厚生労働省共済組合福岡労働局支部メンタルヘルス相談事業

「こころの健康相談」をお受けしております。

(相談できる方)
福岡労働局の職員及びそのご家族の皆様、
所属長やメンタルヘルス担当者の方

(相談できる内容)
仕事上のこと、体の不調のこと、人間関係のこと、家族(夫婦、子供、介護)のこと
所属長やメンタルヘルス担当者としてメンタルヘルスの対応の仕方等

(相談時間)
1回当りの相談時間は、原則として20分程度となります。
利用回数には制限はありません。
   **相談日が勤務日と重なる場合は、年次有給休暇を取得し、利用できます**

(相談費用)
無料です。厚生労働省共済組合が負担します。
ただし、治療が行われる場合の医療費は自己負担となります。

1、利用申し込み
相談を希望する場合は、直接当院(河野医院)へ電話をください。申し込み時に必ず福岡労働局の職員及び家族、もしくは所属長やメンタルヘルス担当者として、「こころの健康相談」を利用することを伝えてください。


相談内容については、公表されません。

ただし、相談者名については、労働局の担当者まで報告が行われます。なお、担当者限りの扱いとし、他に漏らすことはないそうです。